FC2ブログ
きなこの青い空
経済・会計・投資に関する情報をご紹介していきます。
ツキの波にのる
こんばんは。

今回は「ツキの波にのる」というトピックスです。

ツキという言葉。かなり曖昧ですが、人生においては物事が比較的楽に進む時期と困難な時期が存在することを示しているといえます。

このことは、先人が一定周期で好調期と不調期が訪れることを経験的に理解していたことを示していると思います。

人生の目標を達成するためには、好調期をうまく活用することも大切であると考えます。
そして、自分の調子が上向きか下向きかを感じる力を身に付ける必要があるといえます。

視点を変えると、経済の景気循環や身体のバイオリズム、潮の干満など一定の期間で上下を繰り返す傾向が存在することに気付きます。

好調・不調をグラフ化すると波動となって捉えることができます。

ツキと呼ばれるものは、宿命とは異なる概念であると言えます。
また、科学的にどうと言うことをここで話す訳ではありません。

経験的に、好調期と不調期が定期的に訪れるということを認識する。これが、今回のトピックスの中心です。

これは、対費用効果の点から考えると良いと思います。

流れが来てない時に頑張っても効果は薄い。全て自前で目標を達成することは困難です。
回りの協力を追い風に目標への道程を進むというやり方は理に適っているといえます。

よく経営者の経営判断を、砂漠でオアシスを見つけ出す作業に例える事があります。

水が不足したキャラバンをオアシスへ導くことは、隊長の責務です。
砂の海において、どちらへ進めばオアシスへ至るか判断しなければいけません。
オアシスは移動することがあり、過去の経験だけではたどり着くことができないこともありえます。
このとき、隊長は自分の直感を頼りに判断を下さなければないません。

この直感は、予測する力によっています。
経営判断をする場合、この感覚がない経営者は企業を導くことはできません。

ツキを感じる力も予測を基にしているといえます。

企業活動においては、「景気の流れを予測する」ということは普通に行われています。
企業はこの予測に基づいて、将来の行動を決定します。
例えば、設備投資が良い例です。
将来の需要を予測し、その予測に沿った生産、販売活動を展開してゆきます。

このことは、景気予測だけにあてはまる話ではありません。
一個人の人生においてもやはりある程度、好・不調の流れが存在すると考えることにそれ程違和感は無いのではないでしょうか。

では、どうやってこの好調・不調のサイクルを捉えるのでしょうか?

それは、過去の自分を振り返ることです。
すなわち、自分の棚卸しを行うことにより、幸せであった時期や困難に直面した時期を把握することができます。それをグラフ化することにより、ツキの波を認識することができるようになります。
この波のサイクルを認識することにより好調・不調の予測を行うことができるようになります。

周期としては、7~12年程度であると考えます。
これは、個人差があるため、一概には断定できないためです。傾向としては、密度の高い人生を送っている場合、周期は短めであるものと推測されます。

ここで注意しなければいけないことは、物事には因果関係が存在しており、ツキの波よりその関係は強いということです。原因が無ければ、結果は発生しない。これは自明のことです。何もしていなければ、いくら好調期であっても何も発生しないということです。
種を播かなければ、いくらコンデションが良くても実はなりません。

あくまで、為すべきことをなした上で、その結果を増幅する要因の一つとして流れを利用することが上手なやり方であると考えます。

資格試験を考えると、対象は人や経済でなく、ペーパー試験であるため、あまりツキの波に影響されないことが分かります。

過去の自分を振り返る作業は、自分の本当にやりたいことを教えてくれる作業でもあります。
かなり効果的です。

今回は、ツキという不確かな題材を取り上げました。
賛否両論あると思います。
これを機に考えてみると面白いと思います。


スポンサーサイト
人生の無駄は財産となる
今回は、「人生の無駄は、財産となる」です。

キャリアについて考えるとき、一般的には自分の入った大学の学部に左右されることが多いというデータがある。
自分の学んだこと(興味のあること)と職業をつなげることの有効性は異論がないはずである。

しかし、私は自分のキャリアは一本道にしないほうが良いと考えます。

それは、転職や他分野のことを学んだりして回り道をしたほうがさまざまな視点を得ることができ、世界を多面的に捉えることができるためです。
そして何よりタフになります。

若い時分の判断は、あまり当てになりません。
むしろ、悩んで多方面をさまようほうが結果的に器の大きな人間となるように感じます。

私自身、20代はかなり変遷があります。
地方公務員として、福祉・医療行政に携わり、第3セクターで障害者の労働問題を担当しました。
その後、法科大学院で法律を修め、会計分野の勉強を経て事業も立ち上げました。

30代となり、自己の進むべき方向が、やっと見えてきたというのが現状です。

確かに、医者等のスペシャリストとしして活躍することは社会的に価値あることですし、それを日本社会は賞賛します。
しかし、ただのスペシャリストは視野が恐ろしく狭くなる結果となりやすいのです。経営的な視点から言えば、従業員としては最も使いやすい駒となります。


皆さんは、天職を得る者は少ないという現状をどう思われますか?

自分に合う仕事、才能がある仕事は、頭の中で考えただけでは見つかりません。損得だけではなおさらです。
試行錯誤の過程で、自分の天職と呼べるものがうっすらと浮かび上がってきます。これを実践で確かめつつイメージを明確化させてゆくことによって自分の進むべき道が実感できるようになります。

自分がどのような状態になりたいか、最終目標を考えることがまず第一にすべきことであると考えます。そして、そこへ至る過程は試行錯誤してみることが大切だと思います。

有効な無駄を積み重ねることが、実は一本道を進むことよりも目標へ近づくコツとなると考えます。
試行錯誤が豊かで、幸せな人生をもたらしてくれます。

資格取得や、現状の職場が唯一の道ではありません。
気楽に、そして好奇心旺盛に進んでほしいと思います。




資格試験の講義はDVDで聞く!
こんばんは。

新年度もスタートし、新しく資格試験の勉強を始められた方や検討している方も多いと思います。

ここで、講義の聞き方についてのアドバイスを述べたいと思います。

それは、講義はDVDで聞くこと、です。

何がメリットかといいますと、それは倍速で聞くことができる、ということです。

一般的に講義の時間は1コマ3時間。
これはかなりの長時間であるといえます。

私は、この講義の時間が資格試験の勉強にとってかなりネックになっていると考えます。
学習の効率化を妨げる一番のボトムネックは、講義の長さ、回数の多さであるといえます。

もっと、短時間に抑えることができれば、学習の効率化に繋がります。

皆さんは、講義の要点は何であるとお考えでしょうか?

出題範囲の網羅でしょうか。
内容理解でしょうか。
頻出項目の把握でしょうか。

私は、頻出ポイントの選定にこそ、講義の要諦があると考えます。

内容や、出題範囲の把握は各自行うことが可能だからです。
これに対し、頻出ポイントの選定は独自で行うことが難しいといえます。

自分でできることは工夫してテキパキやる。
自分でできないことは、経験者である先生に指導してもらう。

この自分でできることと、できないことを意識して講義に臨むことが大切になると考えます。

ポイントの把握が、授業で回収すべき最優先項目であるならば、わざわざ予備校へ出向いて受動的な勉強をする必要はないものといえます。

授業を効率的に消化するためには、講義を倍速で聞くことが一番です。

この倍速機能は、パソコンのDVD再生ソフトに搭載されています。
フリーソフトを用いれば、4倍速まで可能です。

適正速度は、2.0~2.8倍速くらい。

2.8倍速で3時間講義を聞いた場合は、1時間強の長さで聞き終えることが可能です。

講義の授業時間が約3分の1となるこの方法、試してみる価値はあると思います。
DVD通信受講料が割高であることを考慮しても、時間短縮の価値と比べれば優位性があるといえます。

ものは試しです。一度やってみることをお勧めします。


経済の流れは潮の流れに似ている
お久しぶりです。

今回のタイトル『経済の流れは潮の流れに似ている』です。


仕事や受験をしていると巨視的な経済の流れに無頓着になりがちです。
これは、マクロ経済と実際の仕事の接点がなかなか掴みにくいことから起こります。

経済の流れは、お金の流れ。個人の給料や消費と密接な関係が存在します。

消費意欲が増せば、物価が上昇しそれに伴って金利が上がる。
金利が上がれば為替相場ば円高へ進む・・・。

経済の流れは、お金の循環がどのようになされているかで決まってきます。
それはあたかも潮流のように。

漫然と眺めていては潮の流れは見分けられません。
流れを知るには、流れの見方と経験が必要です。

難しくは無いけれど、目の付け所が大切となってきます。
何事も、目の付け所を押えることが肝要です。

同じもの(素材)を前にして、ある人は重要な示唆を得る。これに対し、ある人は素通りしてしまう。
これは、目の付け所が異なるために生じる結果といえます。

人間のスペックは誰しも似通ったものだと私は考えます。
それでも、有能な人とそうでない人は歴然と存在します。

なぜこうも違うのか?
それは、「自分なりの物事を見る目を持っているか否か」という点に帰結すると思います。

視点を有するということは、対象を分析する技術を持っているということ。
その技術を使いこなしてきた経験の差が、有能/無能を区分する分水嶺になるのです。

経済の流れを読むことができるかどうかも、技術があるかないかの具体的な話でしかありません。

ただ、経済の流れは、潮のように目に見えません。
目に見えないものをどのように分析していくか。

それは、経済指標と友達になることが第一歩です。
経済は点で捉えても仕方がありません。
量的に捉えることが必要です。

だから、潮の流れに似ているというのはそのためです。

積み上げられた数値(時間的数量)と、経済指標間の相互関係(地理的数量)を把握する。

これは、実務をこなして直感的に経済の流れがわかるということとは、次元を異にします。
データからトレンドをつかみ出し、より客観的に経済の明日を予測してく作業になります。

経済の流れを把握する技術は個人のビジネススキルの中でも、重要性の高いものです。
そして、希少価値の高いものです。

全ての経済活動の起点となるべきこの技術は、マーケティングや、営業、投資などへ繋がるものといえます。
そもそも、経済の流れが読めない人ではマーケティングや、営業活動を行っても長期的に収益を上げることはできません。的を得た行動がとれないためです。

経済の流れを見る技術。
身に着けるためには、経済指標と仲良くなることである。

次のステップは、その指標間の相互関係の基本パターンを把握することです。

時期を見て各ステップについて述べてゆきたいと考えています。





検索フォーム



アクセスカウンター



カレンダー

03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



プロフィール

海の家のきなこ

Author:海の家のきなこ
金融NPO設立を目指し奮闘中

33歳

法科大学院の基礎課程を終了後
税務・会計の学習へ転向。

昨年ベンチャー企業をおこしました!!
実務・学習を通じて収益を上げる仕組みを会得したいと考えています。

居合道2段



リンク

このブログをリンクに追加する



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



公認会計士情報



人気ブログランキング

新規に人気Blogランキングに参加!!


みなさま、ポチッとお願いします。



FC2ブログランキング

未熟者ながら参加してみました。 ポチっとお願いします。

FC2ブログランキング